花粉症とスギ花粉について:蓄膿症の症状と治療方法

花粉症とスギ花粉について

花粉症は蓄膿症や肥厚性鼻炎と同様のアレルギー性鼻炎の一種であり、現在日本では人 口の約20%もの人がかかってしまっている病気である。

これには日本に生育している約60種類もの植物が関係しているのだが、その中でも特にメジャーで脅威的なスギ花粉について、これから書いていこうと思います。


スギ花粉症は、1964年に斎藤洋三という人によって発見されました。

当時彼は東京医科歯科大学に所属しており、そこで毎年決まった時期に目や鼻に異常を訴える患者が増えている ことに気付いたことが花粉症の発見につながったと言われています。


スギの木はヒノキ科に属する日本特産の針葉樹であり、木造建築が主流の日本では昔から 木材資源として使われてきました。(北海道と沖縄には生育しないので、この二つの県には スギ花粉症はないらしい)

そのためこの木は日本各地に多量に見られ、さらに戦後の開発などで多く植林されたため、日本ではスギ花粉による症状が主流になってしまっています。(アメリカやヨーロッパでは農作物による花粉症が主流である)

スギの花粉は25-35マイクロメートルという非常に小さなサイズのため風に乗りやすく、たとえ山奥のスギの木から出た花粉でも、数十キロ離れた都市部にまで花粉が届くということはよくあることなのです。

よって春先には、たとえどんなに街中にいても、日本にいるかぎり花粉症の脅威から逃れることはできないのです。しかも、最近の地球温暖化のせいでスギの木はますます元気になり、花粉の飛散量はどんどん増えている現状があります。(もちろん増減の周期はありますが、それでも最近は異常である。)

これを考えると、今は花粉症でない人も決して油断はできません。この季節になったら花粉症対策を怠らぬよう、今からでも真剣に考えるべきでしょう。

花粉症について

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

私が始めて蓄膿症にかかったのは子供の頃で、小学生3年生の時でした。

小学校の体育のプールの前に、身体検査を受けるのですが、そこで鼻の病気だと診察され、調べてみたら蓄膿症だったんです。

幼いながらも、その際の治療の時は大変でした。わざわざ、隣の県の名医と言われる病院にまで行き、治療をしてもらったんです。

病院の先生に鼻に棒のようなものを入れられたとたん・・・鼻から洗面器いっぱいに膿が流れ出し、「うわ〜、こんなに溜まってたんだ」とビックリでした。

治療時は、本当に痛かったのを記憶していますが、鼻のつっかえは取れ、鼻どおりスムーズになりましたね。

ですが、あの時から20余年、大人になってから、人間ドッグで蓄膿炎が再発した事が発覚し、現在も治療中だったりします(--;