血管運動神経性鼻炎について:蓄膿症の症状と治療方法

血管運動神経性鼻炎について

血管運動神経性鼻炎とは花粉症や肥厚性鼻炎といったアレルギー性鼻炎と似たような症状を発しますが、アレルギーではなく、特定のアレルギーの原因となる特定の物質(花粉やほこり、ダニなど。通称アレルゲン)も存在しないという少し変わった鼻炎の一種です。

これは成人後の大人たちによく見られる病気で、主な症状としては鼻水やくしゃみといった比較的軽いものが発生します。(ただし、空気が悪い場所や乾燥した場所では症状が悪化する場合がある。)

この病気の原因は、鼻の粘膜の自律神経系が異常をきたして敏感になるためだと言われています。そして、この敏感になった鼻の粘膜が花粉やほこりなどの不特定多種の物質や温度の変化、精神的ストレスなどによる刺激を受けることによって、前述した症状が表れます。


血管運動神経性鼻炎の治療法法は、アレルギー性鼻炎に対してのものとほとんど同じです。

抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬といった薬での薬剤療法や、敏感になっている鼻の神経を遮断する手術などの方法が取られます。

また、適度な運動をとることも血管運動神経性鼻炎の治療には有効であると言われています。運動をして血流の流れをよくすると鼻が通るようになり、それがこの病気の治療につながるらしいのです。

まぁ、血管運動神経性鼻炎の対策としてだけではなく、運動をするということは健康にはとても大切なことです。運動の習慣があると、高血圧や脳卒中、糖尿病などの病気をはじめ、肥満などの生活習慣病も防ぐことができます。

健康増進のためにも、あなたも、明日からでも一日30分程度のジョギングをはじめてみてはいかがでしょうか。

その他鼻の病気

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

私が始めて蓄膿症にかかったのは子供の頃で、小学生3年生の時でした。

小学校の体育のプールの前に、身体検査を受けるのですが、そこで鼻の病気だと診察され、調べてみたら蓄膿症だったんです。

幼いながらも、その際の治療の時は大変でした。わざわざ、隣の県の名医と言われる病院にまで行き、治療をしてもらったんです。

病院の先生に鼻に棒のようなものを入れられたとたん・・・鼻から洗面器いっぱいに膿が流れ出し、「うわ〜、こんなに溜まってたんだ」とビックリでした。

治療時は、本当に痛かったのを記憶していますが、鼻のつっかえは取れ、鼻どおりスムーズになりましたね。

ですが、あの時から20余年、大人になってから、人間ドッグで蓄膿炎が再発した事が発覚し、現在も治療中だったりします(--;