アレルギー性鼻炎の治療方法:蓄膿症の症状と治療方法

アレルギー性鼻炎の治療方法

アレルギー性鼻炎とは、花粉症や肥厚性鼻炎などの鼻に起こるアレルギー的な症状を総称したもので、病気ではなく体の性質(体質)のことです。

これにかかってしまうと、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどの鼻の症状をはじめ、目や耳、肺などにも症状が表れることがあるそうです。そしてこれらの症状は、酷くなると日常生活をおくるのにとても大きな障害になり得ます。

では、もしこのようなアレルギーにかかってしまったらどのように治療していけばよいのでしょう か。また、ちゃんと治すことはできるのでしょうか。今からそういった内容の記事を書いていこ うと思います。


アレルギー性鼻炎の治療方法は大きく分けて三種類あります。

まず一つ目は減感作療法・特異的減感作療法とよばれるものです。

これはアレルギーの原因(アレルゲン)がはっきりと分っている場合に用いられる療法で、その原因となるアレルゲンを注射で体内に取り入れることで無理やりそのアレルゲンに対する抵抗をつけさせる、というものです。

ちなみに、これは唯一花粉症を完全に解消する療法でもあります。


二つ目は対症療法です。

これは薬剤によってアレルギーを改善したり症状を軽減したりする療法で、市販の薬などでも対応することができます。(しかし、やはり医者に診てもらったほうが確実だということはいうまでもありません。)


最後の三つ目は手術療法です。

これはアレルギー体質を治すものではなく、アレルギー性鼻炎によっておこった鼻詰まりを解消する療法です。 これには外来通院ですむものと一週間程度の入院が必要になるものがあります。

どうしても鼻詰まりで困ったことになったら試してみるのも悪くないかもしれません。

その他鼻の病気

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

私が始めて蓄膿症にかかったのは子供の頃で、小学生3年生の時でした。

小学校の体育のプールの前に、身体検査を受けるのですが、そこで鼻の病気だと診察され、調べてみたら蓄膿症だったんです。

幼いながらも、その際の治療の時は大変でした。わざわざ、隣の県の名医と言われる病院にまで行き、治療をしてもらったんです。

病院の先生に鼻に棒のようなものを入れられたとたん・・・鼻から洗面器いっぱいに膿が流れ出し、「うわ〜、こんなに溜まってたんだ」とビックリでした。

治療時は、本当に痛かったのを記憶していますが、鼻のつっかえは取れ、鼻どおりスムーズになりましたね。

ですが、あの時から20余年、大人になってから、人間ドッグで蓄膿炎が再発した事が発覚し、現在も治療中だったりします(--;