花粉症の基礎知識:蓄膿症の症状と治療方法

花粉症の基礎知識

花粉症は日本人にとって最もメジャーな病気の一つなのですが、多くの日本人はこの病気のことを知っているようでほとんど知らない、間違って認識している、というのが現実です。

そこで、私達はこの病気のことをもっとよく知り、よく学ぶことが必要であると私は思いました。自分の周りの病気に関する正しい知識を持つことは決して損ではありません。みんなでがんばっていきましょう。


現在、日本では人口の約20%が花粉症であると言われています。こんなにも花粉症患者が 多い理由は、皆さんもご存知の通り、日本の国土の約67%が森林だからです。

そして、その中のヒノキやスギ、白樺などの約60種類の植物が花粉症を引き起こす原因になります。だから、たとえ今は花粉症でない人でも、花粉の季節にはちゃんとマスクをするなどの花粉症対策は必須と言えるでしょう。

花粉症の主な症状は、鼻詰まり、くしゃみ、鼻水のいわゆる「鼻の三大症状」と呼ばれるものです。それに加え、目のかゆみ、充血、涙、皮膚のかゆみ、下痢などの症状が出てしまう人もいるそうです。

これは人によってはとても辛いことですが、今はきちんと薬を飲めば症状をかなりおさえることができるので、耳鼻科のお医者様とよく相談して自分に合った薬選びをしてください。


薬選びの注意としては、市販の点鼻薬だけは絶対に使ってはいけない、ということです。

市販点鼻薬には鼻詰まりを解消するかわりに鼻粘膜に炎症をおこす危険性があるので、肥厚性鼻炎などの鼻の病気にかかってしまうこともあるそうです。その辺もお医者様によく教わってください。

残念ながら、花粉症は短期間で治る病気ではありません。この病気にかかっている人は長い時間をかけてこれと付き合っていかなくてはいけないので、根気よくがんばってください。影ながら私も応援しています。

花粉症について

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

私が始めて蓄膿症にかかったのは子供の頃で、小学生3年生の時でした。

小学校の体育のプールの前に、身体検査を受けるのですが、そこで鼻の病気だと診察され、調べてみたら蓄膿症だったんです。

幼いながらも、その際の治療の時は大変でした。わざわざ、隣の県の名医と言われる病院にまで行き、治療をしてもらったんです。

病院の先生に鼻に棒のようなものを入れられたとたん・・・鼻から洗面器いっぱいに膿が流れ出し、「うわ〜、こんなに溜まってたんだ」とビックリでした。

治療時は、本当に痛かったのを記憶していますが、鼻のつっかえは取れ、鼻どおりスムーズになりましたね。

ですが、あの時から20余年、大人になってから、人間ドッグで蓄膿炎が再発した事が発覚し、現在も治療中だったりします(--;