鼻の腫瘍・ガンについて:蓄膿症の症状と治療方法

鼻の腫瘍・ガンについて

鼻の病気というのは、花粉症や肥厚性鼻炎といったアレルギー性の鼻炎だけではありません。

なんと、鼻にも「ガン」というものが存在するのです。

私はこれまでガンというのは肺や大腸、胃などの器官に発生するのは知っていましたが、鼻という思ってもいなかった予想外の器官 にも存在することを知って驚愕しました。

そして、鼻にできるガンというのはどういうものなの か、またどのように対処すれば良いのかということにすごく興味を持ったので、今回調べて記 事とすることにしました。


鼻にできるガンは上顎ガン(じょうがくがん)といい、高齢の男性などに多くみられるものらしいです。

初期症状がほとんどないので発見が遅れる危険性がある恐ろしいものです。これが進行していくと、上顎の痛みや鼻血、頭痛、頬の腫れなどの症状があらわれます。さらに病状が進行すると、眼球突出や視覚障害など、目の方へ障害が広がる可能性があるそうです。

上顎ガンの原因は蓄膿症による鼻の粘膜の炎症が関係しているらしく、このことからも鼻の病気 には早め早めの対処が必要であると言えるでしょう。


このガンの治療方法は、まずエックス線やCTスキャンでガンの場所を特定し、放射線レーザーで治療、または患部を切開切除。そしてそれらにあわせて抗ガン剤なども使用されます。患部を切開する場合は、腫瘍が大きくなってしまった場合などは顔に大きな傷を残してしまいます。

この場合は、もしかしたら、手術後には後遺症として、顔に大きなクレーターができる可能性もあるようです。私は、今回この病気を調べて、私自身の持病の肥厚性鼻炎や蓄膿症が、「もし、がんに発展したら・・・」と思うと本当に恐ろしいと感じました。

もしこれで失明などしてしまったらこの後の人生をどう過ごせばいいのでしょうか。もし鼻に異常を感じたらすぐに病院に行こうと、素直にそう思います。

なお、鼻と喉には大きな関係がありますが、喉にも咽頭がんという「ガン」もあるようです。(参考サイト:咽頭がんの症状と治療法) こちらも合わせて気をつけて置くべきだと思います。

その他鼻の病気

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

今すぐ実践可能!自分で出来る3分間蓄膿症改善術を公開中!

すべての人に共通して言えることですが、この方法を忠実に実践して頂ければ自然と蓄膿症は改善されていきます。

早ければ3日で遅くても数週間程度で効果を実感いただけると思います。( 蓄膿症で苦しんでいる方へ贈る〜フジイ式蓄膿改善術より本文抜粋)

私が始めて蓄膿症にかかったのは子供の頃で、小学生3年生の時でした。

小学校の体育のプールの前に、身体検査を受けるのですが、そこで鼻の病気だと診察され、調べてみたら蓄膿症だったんです。

幼いながらも、その際の治療の時は大変でした。わざわざ、隣の県の名医と言われる病院にまで行き、治療をしてもらったんです。

病院の先生に鼻に棒のようなものを入れられたとたん・・・鼻から洗面器いっぱいに膿が流れ出し、「うわ〜、こんなに溜まってたんだ」とビックリでした。

治療時は、本当に痛かったのを記憶していますが、鼻のつっかえは取れ、鼻どおりスムーズになりましたね。

ですが、あの時から20余年、大人になってから、人間ドッグで蓄膿炎が再発した事が発覚し、現在も治療中だったりします(--;